So-net無料ブログ作成

ニーバーの祈り The Serenity Prayer [通訳よもやま話]

先日、自分の所属しているプロジェクトで、プロジェクト全体会議の通訳をする機会があり、その中で、講演者の一人が、とても心に残る言葉を引用されてましたので、紹介しますです:

THE SERENITY PRAYER

God, grant me the SERENITY to accept the things I cannot change;
COURAGE to change the things I can;
and WISDOM to know the difference

Reinhold Niebuhr

ニーバーの祈り

神よ、
変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。


ラインホールド・ニーバー(大木英夫 訳)

英語圏(というかアメリカか?)では結構に有名な言葉のようです。
1930年代にアメリカの神学者であるReinhold Niebuhr がマサチューセッツの小さな教会で講演したときの言葉とか。ただし、彼自身の創作による言葉ではなく、もっと昔の言葉の引用だとする説もあるようです。ちなみに日本語訳をされた大木氏はニーバーさんのお弟子さんだそうです。

とても心に響いたので、これから座右の銘にしようかとも思ったのが一つ問題が・・・。

長いんですよ(涙)
特に日本語訳のほうが・・・。

文章であればともかく、会話の中で、座右の銘を聞かれてこんな銘を答え始めた日にゃ、よっぽど気の長い方でない限り、最後まで聞いてもらえないような気が・・・。

大木氏の訳はこの上なく分かりやすい良い訳だと思うのですが、
この問題を解決するために無謀にも、自分でこの名文を訳してみました。

神様、

変えられないモノを受け入ることのできる平静さと、
変えられるモノを変えるための勇気を下さい。
そして、その二つを区別する知恵を与えて下さい。

丸尾一平 訳

まだ座右の銘としてはちょっと長いですけどね。

英語の原文の中では、受け入れるためのSerenityが先に来ているのに対して、大木氏の訳の中では、順序が入れ替わって、変えるための勇気が先に来ているのが興味深いですねえ。

日本人にとっては、平静さよりも勇気のほうがより必要である(足りない)、と考えたからより大切なほうを前に持ってきた、というのは穿ちすぎでしょうかね?

ちなみに余談ながら、アメリカ人に足りないのは、勇気よりは、平静さでしょうな(笑)


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(3) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 7

銭衝

はじめまして。ろーんうるふさんのところでお名前を拝見して、飛んできました。台湾で北京語通訳者をしている銭衝と申します。
「ニーバーの祈り」、いい言葉ですね。「アメリカ人に足りないのは、勇気よりは、平静さ」、う~ん、同じことが大陸や台湾の華人にも言えるかもしれません(笑)。
by 銭衝 (2005-01-27 17:58) 

丸尾 一平

銭衝さん、コメントありがとうございます!

そうですね、同じアジアのお隣さんでも、国民気質って意外と違いますよね。
北京語通訳・・・英語通訳しかできない私にとってはかなり未知の世界で、とても興味があります。ちなみに銭衝さんのお名前は何と発音されるのでしょうか?日本語読みでは、「せんしょう」さんということになるのですかね?

ではでは、また遊びにいらしてくださいねー!
by 丸尾 一平 (2005-01-28 09:27) 

ろーんうるふ

ろーんうるふです。ほんとにいい言葉ですね。実は、ついいましがた、保育園に息子を預けて家まで戻る道すがら、ブッシュの4年前の就任演説をシャドーイングしながら歩いていたんですが、その中に civility という言葉が何度も出てきました。
Today, we affirm a new commitment to live out our nation's promise through civility, courage, compassion and character.
やはり「礼節」とでもすべきところでしょうか。思わず苦笑いしてしまいましたが。この話、そのうち、私のブログでももう少し書くつもりです。
私のブログに、こちらのブログのリンクを貼らせていただきますので、ご迷惑であれば、ご連絡ください。では、また遊びに来ます。
by ろーんうるふ (2005-01-28 09:43) 

銭衝

お返事ありがとうございました。
名前は、おおせのとおり「せんしょう」です。北京語だと“Qian2 Chong1(声調を数字で表します)”、「チェンチョン」という感じです。
by 銭衝 (2005-01-29 02:31) 

ITオフィス野村

まるおさん、私のブログでのこの祈りへの解釈は以下です。
気に入ったら、<a href="http://www.mag2.com/m/0000142257.htm">私のメールマガジン「ITのスキルアップにリーダーシップ!」</a>読者登録してください。
毎週2回、前向きになれる情報をお届けしますよ。IT業界にかかわらず、いろんな業界の人から好評です。ではまた。
by ITオフィス野村 (2005-03-25 02:08) 

Aebee

はじめまして。ラインホールド・ニーバーの祈りを検索していたら、同業者(通訳)の方だったので、まあ偶然!と思いました。

また後から遊びに来させていただきます。
Aebee (http://blogs.yahoo.co.jp/cafe_aebee)
by Aebee (2005-11-07 15:50) 

丸尾 一平

お!Aebeeさんありがとうございます。

すみません、最近忙しくてこちらのブログを全然見に来れてなかったものでレス遅れてしまいました。

同業者の方ですかー。
by 丸尾 一平 (2005-11-18 01:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。