So-net無料ブログ作成

通訳者の名刺のお話 [通訳よもやま話]

最近お仕事でよく出入りしているビルは、入館証をもらうのに、受付で名刺を2枚提示しなくてはならないようになっている。

こりゃ割と上手いこと考えましたねー。

これで不正な入館を100%防げるってわけでもないだろうけど、たまたま持っていた他人の名刺で身分をごまかして入館してやろうっていう不届き者を牽制する効果はあるんじゃないですかね。

・・・さて、フリーランスの通訳をやっていると、何種類か別の名刺を持ち歩くハメになります。

なんでかって?

フリーになると、通常は、仕事を紹介してくれるエージェントに複数登録しておくことになるんですが、名刺もそれぞれのエージェントごとに一つ、エージェントの社名と連絡先入りのものをそれぞれ持たされるわけです。

エージェントに紹介してもらった仕事のクライアントで名刺を出す場合は、自分の個人の名刺ではなく、必ずそのエージェントの名刺を渡すというのが鉄則なんですよ。

そこで下手に自分自身の連絡先を記載した自分個人の名刺を差し出そうものなら、「次回からは、エージェントは抜きにして直接ワタクシに仕事を依頼の連絡くださいませ」という意思表示をしたとみなされちゃいます。

用はエージェントが自らの営業努力で獲得したいわば既得権益を、それを紹介してもらった通訳者が恩知らずにも掠め去ろうという、業界の倫理にもとる行為とされてしまうわけですね。

まあ、同じような力学はどんな業界でも働くようですね。
前に勤めていたお酒のメーカーでも、ある得意先の料飲店にいつもとは違う酒屋から自分ところの製品を買ってもらうようにすること(帳合を付け替える、っていってましたが)はタブーとされてまして、揉め事の原因となってました。いつもの酒屋さんの既得権益(しかも多くの場合自分の努力で獲得している)を損なう行為とみなされちゃうわけですね

ちなみに

「既得権益」

は英語では

"vested interest"

といいます。

てなわけで毎度、ワタクシめのライブのお知らせです

****************************************************

2/10(土) The Words Don't Matter @ 西池袋 Free Flow Ranch

Open 17:00- Start 20:30頃からボチボチ
No charge! の投げ銭ライブ


佐竹透さん、絵里世さんとの競艶、じゃない共演になります。
出演順は、佐竹透→絵里世→ワドマタことThe Words Don't Matterとなります。ワレラがワドマタの出演は22:30前後とちょっと遅くなります。

お店の場所などはこちら
http://www.freeflowranch.com/
Tel.03-5952-6599

2/19(月) The Words Don't Matter @ 高田馬場 「四谷天窓」
Open 18:30 Start 19:00 Charge 1,000 yen + 1 drink

出演順等詳細未定。こちらも佐竹透さんと一緒の出演になるようです。

お店の場所などはこちら
http://www.otonami.com/tenmado/news/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。