So-net無料ブログ作成
検索選択

ボイスオーバ [通訳よもやま話]

先日、いわゆるボイスオーバのお仕事をやってきました。

http://www.irwebcasting.com/080527/08/9472b0fd6a/index.html
(丸尾の担当部は1時間以上あるプレゼンの34:00前後以降)

いわゆる、アテレコにちょっと近いお仕事になりますかね。
企業が事業説明会などのプレゼンを行った際に、それを録画しておいて、後々ウェブストリーミングで配信する、その際の副音声の英語版をつけるお仕事ですね。

映画などの吹き替えと違うのは、いわゆる演技ではないことと、画像の本人の口の動きに完全に100%シンクロさせる必要はないこと。(画像では本人がしゃべっているのに副音声は沈黙、あるいはその逆な瞬間が結構あったりします)

こういったケースでは、事業説明会当日に同時通訳が入っていたとしても、ウェブ配信等の副音声の英語は収録しなおすケースが多いようです。

・・・というのも当日ぶっつけ本番でやる同時通訳(事前に原稿もらえないことのほうが多いようです)はその場で聞いている分には問題ないんですが、英語のクォリティが100%とはいいきれないところがありますので、ウェブ配信用はきちんと事前に翻訳を作成した英語版を用いることが多いみたい。

通訳ってお仕事、自分の仕事の結果が後にきちんとした形で残ることは稀なので、そういう意味ではちょっとやりがいのあるお仕事かもしれません。

ワタクシ、BYP?のギタリストが昼間、どんなお仕事をしているか興味のある方は、上記のリンクにてワタクシのボイスオーバデビューのサマがご確認いただけます。

久々に自分のデリバリーを目の当たりに(正確には耳の当り、か(笑))しましたが、まだまだ甘いねー。前半を担当された通訳の方がとてもお上手だったこともあり、自分の青さがよーわかります(苦笑) 結構発音不明瞭なところがあったのが反省点ですな。

ちなみに月並みですがやはりサシスセソ系の発音(s, sh, th)やRとLのコンビネーション技が苦手だし、特に甘いようです。

ちなみに前述のとおり、ガチガチに用意した原稿(ちなみに日本語の原稿起こしも英語版原稿の翻訳も自分でやらなきゃならないのでタイヘン!)を読んでいます。いわゆる『同時通訳』ではございませんのでご留意くださいませ。


さてさて、ライブのご案内!


6/15(日) 浅野組@町田 万象房

Open 17:00 Start 18:00 投げ銭ライブ!

浅野組の出番は当日二番目。
われらが歌姫、あやちゃんの透明な歌声とバンマス浅野氏のアーシーのギターワーク・歌声をご堪能ください。

ちなみに当日対バンの出演、ウクレレ奏者のエバックさんは女性のファンが多く、当日は混雑が予想されるのでお越しの方は電話で一本、予約を入れるといいのでは、とのこと。

・・・何だか悔しい気持ちになるーなあー(笑)

http://musictown2000.sub.jp/banshowboh/

7/4(金) Beg Your Pardon? @梅島Yukotopia & 焼き鳥やまや

Open 18:30 Start 19:00 Charge 1,000 Yen + 1 drink

出演順等詳細未定。

いつものです。ユーコトピアにおける演奏と、焼き鳥やまやにおけるBYP?メンバーのぐだぐたなトークライブがセットでお楽しみいただけます。

http://www.yukotopia.jp/

http://www.e-umejima.com/shop/shop63.php

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ごまめ

はじめまして。
以前から拝見していましたが、初コメントです。
関西で通訳の仕事をしております、ごまめと申します。
よろしくお願い致します。

ISSのコラムで初めてお顔を拝見し、今回はお声まで♪
「男声通訳」、いいものですね。落ち着きがあって。
BYP?のギタリストさんのお声、深くてなかなかステキです。
(あと、子音がはっきりしていて、decisiveに聞こえて、いいですね)
「女声」でも低めの声の方がデリバリーとしては聞きやすいのかな、と思いました。CNNなどの女性キャスターも、低めの声を特訓するとか聞いたことがあります。

…など、声についていろいろ考えました。私のレベルでは自分のパフォーマンスを聞くのは正直ツラいですが(!)、やはりレベルアップのためには必要なんだな、と思いました。

ありがとうございました。
またお邪魔します。

by ごまめ (2008-06-16 23:34) 

BYP?のギタリスト

ごまめさん、コメントありがとうございます!

人間的には非常に落ち着きのない性格なのでデリバリー時にそれを覆い隠すのがタイヘンです(笑)

「男声」特にこういったボイスオーバの場合、あえて男性の声で、というリクエストがクライアントから入ることも多いみたいです(実は今回の件もそう)、落ち着きがある、というのもあるのかもしれませんが、まあ画像のオリジナルスピーカが男性の場合はそのほうが違和感がない、ということなんでしょうね。

確かに女性キャスターも低音の成分がリッチな声(あるいは発声)が心地よい方が多いですよね。

あ、ちなみにISSのコラムのあの写真は半分サギです。5年近く前の、今より5kg前後やせてたときの写真です(笑)

それでは、また、どこかで!
by BYP?のギタリスト (2008-06-19 00:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。